カナダ通信NO.1「慰安婦問題で謝罪を続ける日本人。いつまで続ける?」

カナダの在住のマリノフ利江さんの「カナダ通信」をご紹介します。
日本の外に住んでいるからこそ見える日本、カナダの現地の情報などをお届けします。
是非お読みください!

*****************************************************************

カナダ通信 No.1
canada flag

慰安婦問題で謝罪を続ける日本人。いつまで続ける?

8月23日に行われた慰安婦の真実国民運動 国連人種差別撤廃委員会 派遣団 の帰国記者会見を見て驚いた。日本政府は良くやっているが、90%の時間を誤ったことの言い訳に費やしている、というのである。なでしこアクションの山本優美子さんの言う通りである。どんなに民間の私たちが頑張って日本政府代表団が「日本は謝った」言い訳がましい説明をしたら問題の解決にはまったくならない。政府代表団はそのことがわからないのだろうか。謝罪を続けるような代表団を国連に送るのはまったくの無駄である。

数年前のこと。ワーキングホリデーで日本からきた学生、A君が盲腸になり、通訳のために市内の病院へ行った。病室にはホストファミリーのお父さんが来ていて、A君と話をしていた。しばらくするとこのお父さん、電話を取り出し奥さんと話し始め、その後に携帯電話をA君に渡して奥さんと学生の会話を聞いていた。すると、A君は電話で何度も謝り始めた。I am sorry.. I am sorry..と。お父さんは私の方を向いて「どうして何度も謝っているの?あんなに何度も謝る必要ないのに」。A君は明け方にお腹が痛くなり、ホストファミリーに病院に連れてきたもらったので迷惑をかけて申し訳ない。その思いがあったのだろう。でもしつこく何度も謝る必要はない、そう思ったので「私もそう思います」と答えた。

ホストファミリーのお父さんがいなくなってから、私はA君に言った。「ホストファミリーのお父さんが何度も謝る必要ないのに、と言ってましたよ」と。するとA君、「いや~僕日本人だから何となく謝ってしまうんですよね~」。ムッとした私はおもわず「あなたみたいな人がいるから慰安婦問題なんておこるのよ!」初対面のA君に言いすぎたかも知れない、と思ったがもう遅い。ところがさらにショッキングな展開になった。

きょとんとしていたA君に「慰安婦の問題って知っている?」と聞いたら「知らない」と首を横に振ったのである。私は「えっ!」とその後の言葉が見つからなかった。日本の学生がみんな慰安婦問題を知らない訳ではなく、A君がたまたま歴史問題に興味がなかったんだ、と自分に言い聞かせた。

日本政府は今まで何度も謝罪を繰り返してきたが、それで問題が解決していなことは明らかである。カナダに住んでいると、山本さんが指摘する「日本政府、謝罪の説明はもうやめよ」の言葉の重さをひしひしと感じる。日本政府が今後も国連で90%の時間を謝罪に費やすのなら、代表団を国連に送るのは止めるべきである。

以上

cw statue toronto
トロント韓国人会館 慰安婦像の除幕式 2015年11月18日

*****************************************************************

【なでしこアクションからお知らせ】

カナダ在住の女性となでしこアクションが協力して作った慰安婦問題のポケットブック(小冊子)をご紹介します。

スライド1

慰安婦問題を全く知らない外国人を対象に英語版を作りました。
英語版に合わせて日本語版も作成しました。

Q&A形式の分かり易い文章に画像や写真もたくさん入れました。

日本人で慰安婦問題をよくわからない方、海外にお住いの日本人や学生の方々にも利用していただけたらと思います。
是非ご活用ください!

<英語版> What is“Comfort Women”? BASIC FACTS
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook.pdf

<日本語版> 「慰安婦」ってなに? 基本的な事実
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook_JP.pdf

※ 購入方法はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>