サンフランシスコ市承認 慰安婦碑文 「数十万女性・少女の性奴隷、監禁され殆どが死亡」

「カナダ・イスラエル友好協会からユネスコへの意見書と協会コメント」はこちら

**************************************************************

サンフランシスコのセントメアリー公園に計画されている慰安婦碑
碑のデザインはいわゆる少女像とは異なり、新たにコンペティションで募集されました。

この記念碑の碑文が、2017年1月18日サンフランシスコ市 アート・コミッション(Arts Commission )のビジュアル・アート・コミティー(Visual Arts Committee)にて承認されました。

「数十万の女性・少女が慰安婦として日本軍の性奴隷にされた」「監禁され殆どが死亡した」「暗黒の歴史は90年代まで隠されていたが勇気ある生存者がその沈黙を破った」と書かれています。

その全文が以下です。
Comfort Women Justice Coalitionのフェイスブックより

—————————
<日本語>
「私たちが最も恐れることは、第二次大戦中に私たちが経験した苦しみが忘れ去られることです」  
-かつての「慰安婦」

この記念碑は、婉曲的表現で「慰安婦」と呼ばれる、実際には1931年から1945年までアジア太平洋の13カ国において日本帝国陸軍の性奴隷であった数十万の女性や少女の苦しみを証言するものです。性奴隷にされた女性や少女たちのほとんどが捕らわれの身のまま亡くなりました。この陰惨な歴史は、1990年代に生存者が勇気を持って声を上げるまで数十年間も隠しとおされてきました。

生存者たちの行動は、性暴力は政府が責任を取るべき人道に対する罪であることを世界が断言するための後押しとなっています。

この記念碑は性奴隷であった女性たちに捧げるためのものであり、現在でも続く世界中の性暴力や人身売買の撲滅運動を支持するためのものです。

「慰安婦」問題解決のための連合 よりサンフランシスコ市への寄贈

サンフランシスコ市及びサンフランシスコ郡の所蔵品

<原文・英語>
“Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten”
––former “Comfort Woman”

This monument bears witness to the suffering of hundreds of thousands of women and girls, euphemistically called “Comfort Women,” who were sexually enslaved by the Japanese Imperial Armed Forces in thirteen Asian-Pacific countries from 1931 to 1945. Most of these women died during their wartime captivity. This dark history was hidden for decades until the 1990s, when the survivors courageously broke their silence.

They helped move the world to declare that sexual violence as a strategy of war is a crime against humanity for which governments must be held accountable.

This memorial is dedicated to the memory of these women, and to the crusade to eradicate sexual violence and sex trafficking throughout the world.

Gift to the City from the “Comfort Women” Justice Coalition
www.remembercomfortwomen.org

Collection of the City and County of San Francisco

———————————

<参考サイト>

SF Examiner December 28, 2016
‘Comfort women’ memorial costs SF major art project
http://www.sfexaminer.com/comfort-women-memorial-costs-sf-major-art-project/

1月18日委員会の音声 Visual Arts Committee – January 18, 2017
2:53~慰安婦碑について
http://sanfrancisco.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=152&clip_id=26970

慰安婦碑計画関連資料
★ http://sfgov.org/arts/sites/default/files/CWJC%20DeCaigny%20Letter%20Package.pdf

★ http://sfgov.org/arts/sites/default/files/16_12-21_1Comfort%20Women.pdf

sf1

sf2

sf3

sf4

sf5

sf6

sf7

2 thoughts on “サンフランシスコ市承認 慰安婦碑文 「数十万女性・少女の性奴隷、監禁され殆どが死亡」

  1. Haruki MURATA says:

    猛烈に抗議します!


  2. hiroko hiraoka says:

    Do not build a bullshot statue without confirming facts! It is!
    We protest fiercely! It is!
    Do not be deceived by the conspiracy of China and Korea that will decline Japan and Japanese people!


Leave a Reply to Haruki MURATA Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>