「南京戦後の証拠記録」 松尾一郎氏より提供

あなたは南京戦後の記録を知っていますか?
http://nadesiko-action.org/?page_id=11208

Do you know a Documentary movie and these documents after Battle of Nanking?
http://nadesiko-action.org/?page_id=9266

*****************************************************************
カナダ「南京大虐殺記念日」はどうなっているのか?
ゲスト:松尾一郎(日中問題研究家)

*****************************************************************

カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!
http://nadesiko-action.org/?p=11084

6 thoughts on “「南京戦後の証拠記録」 松尾一郎氏より提供

  1. Albelt König says:

    スマイス調査も注意が必要です。
    一見、「大虐殺」の否定ソースであるかのように見える、スマイス調査ですが、 国際宣伝部の所長だった曾虚白の自伝によると、 これもまた国民党のプロパガンダでした。

    実際、それを裏付ける数字的根拠があります。
    スマイス報告では、市民の死者は3400人
    そのうち、女性は29%となっています。
    すなわち986人が女性であることになります。

    ところが、「当時の記録で唯一裏が取れる埋葬記録」、
    紅卍会の記録では女性の死体は僅か8名(城外区まで含めても75名)です。
    誤差と言える範囲を遥かに超えた、100倍以上の違いがあります。
    すなわち、少なくともどちらかの数字が確実に間違いであると言えます。

    また、スマイス調査は詳細なデータは無く、最終的な結果だけが存在しています。
    「そもそも本当に調査をしたのか」自体が怪しいのです。

    要は、「最初期のプロパガンダ」が、このスマイス調査の「死者3400名」だったということでしょう。
    後に100倍に被害者数が膨れ上がったので、皮肉なことに一部では「大虐殺」の反論ソースとして 使われてしまっているのです。

    スマイス報告を使うのも良いですが、
    一時ソースとしては、紅卍会が埋葬した遺体数を記した当時の記事も同時に提出するべきかと思います。
    繰り返しますが、
    「南京城内の遺体の数1793人、そのうち女性は8人」
    という物です。


    • Albelt König says:

      失礼いたしました。確認したがスマイス報告の死者数は「2400人」でした。
      すると、女性の死者数は696人です。

      しかし、紅卍回の埋葬記録「8人」と二けたの違いが生じることは同じです。


    • 松尾一郎 says:

      (前半)スマイス報告書は陥落日から翌年3月までの間に、聞き取り調査を行ったものです。
      原本にはその際のアンケートなどの用紙も掲載されており、過去に戦争被害調査の経験が有るスマイスは実績の上での調査です。

      ちなみにごく最近、スマイス博士が国民党の顧問であると言うデマを流す者がおり、その根拠となっているのが北村稔立命館大教授著『「南京事件」の探究』(文春新書)です、以下その部分を引用します。

      【引用】43ページ
      ———————————————————————————————————–
      曾虚白は、ティンパーリーとの接触について次のように言う。「ティンパーリーは都合の良い事に我々が上海で抗日国際宣伝を展開していた時に上海の『抗日委員会』に参加していた3人の重要人物のうちの1人であった。オーストラリア人である。そういうわけで彼が〔南京から〕上海に到着すると、我々は直ちに彼と連絡をとった。そして彼に香港から飛行機で漢口〔南京陥落直後の国民政府所在地〕に来てもらい、直接に遭って全てを相談した。我々は秘密裏に長時間の協議を行い、国際宣伝処の初期の海外宣伝網計画を決定した。我々は目下の国際宣伝において中国人は絶対に顔をだすべきではなく、我々の抗戦の真相と政策を理解する国際友人を捜して我々の代弁者になってもらわねばらないと決定した。ティンパーリーは理想的人選であった。かくして我々は手始めに、金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由でスマイスに依頼して、日本軍の南京大虐殺の目撃記録として二冊の本を書いてもらい、印刷して発行することを決定した。(中略)このあとティンパーリーはそのとおりにやり、〔中略〕二つの書物は売れ行きのよい書物となり宣伝の目的を達した。」
      ———————————————————————————————————–
       つまりこの中のどこにもスマイスは国民党の秘密宣伝部員であるとは一切記述されていないのに、なぜか現在そういった根拠も示さずに、スマイスを全否定する連中が存在する。
       個人的に私は北村稔教授と雑誌の企画で対談をしたことが有るが、スマイスが秘密宣伝員とは思えないと回答も頂いている。

      さらにスマイス報告書に関しての記述 164ページ~178ページの重要ポイントを引用
      ——————————————————————————————————————-
      【167~168ページ】いうまでもなく、戦闘行為以外の暴行による民間人の死者2400という数字は、大変な数字である。そしてスマイス自身は、民間人の死者の数が実数より少ないと感じ、埋葬報告からの推定として非戦闘員(civilian)被殺害者1万2000人という数字を注記している。これは、国民党国際宣伝処の意を体して推測的判断を述べたものと考えられる。ちなみにこの1万2000という数字は、すでに指摘したティンパーリーの述べる数字と同じであり、情報源が共通していたのかと思われる。
      ——————————————————————————————————————-
       
      ——————————————————————————————————————-
      【170~173ページ】【日本軍を告発する巧みなトリック】五つの県の総数は十八万六〇〇〇世帯である。このような集計方法では被害に全く遇わなかった家族の数も掛けるべき家族数に参入されてしまい、被害状況は大幅に拡大する。被害の数字を拡大する上手なトリックであると言わねばならない。
      ——————————————————————————————————————-

      ここでの問題は上記の12000という数はスマイス報告書を読めば、城壁周辺などの死体数であり、これが中国兵の戦死体を指すことは容易に理解できる。つまりcivilian(一般市民)では無い事が容易に理解できる。
       更に死体埋葬を指揮した上海特務機関員、丸山進氏の推測では南京における死体数は17500体とある。
       http://www.history.gr.jp/nanking/reason08.html
      さらに下記の日本軍が進軍経路とは異なる地域の死亡者数を加えている点にも注目すべき。

       スマイス報告書の問題点は確かに南京近県の5県の死亡者数とcivilian(一般市民)と単語を使われている事は明らかにおかしいが、それ以外には全く問題点も無く、スマイス博士が秘密宣伝員であったという主張も全く馬鹿げている。
       問題があるとすれこの2か所のみであり、それ以外については何らおかしな点は見つからない。
       
       しかし、情けない事に、それを曲解しスマイス博士が秘密宣伝員などとバカげた主張をする連中が存在することは大変恥ずかしいと言える。
       もし秘密宣伝員だとするならばそれを裏付ける根拠を提示すべきである。

       今に至るまで、どこにもそれを裏付けるものが全く無く、最近の南京事件を論ずる連中は史料、文献すらまともに読み取れない程、おかしい連中が多い。

       紅卍字会の原本は戦後の南京裁判の為に改ざんがなされており、埋葬数の改ざんが行われており、この検証については丸山進南京特務機関員の証言によって検証されています。
       http://www.history.gr.jp/nanking/reason08.html

       最近全くこうした南京事件の検証を行わない連中が大量に増殖しており、雑誌「WiLL」等にすらバカげた1793人が南京の犠牲者とする珍説を述べる者がいるので困っている状態です。
       http://blog.livedoor.jp/ichiromatsuo/archives/70380864.html


  2. Junichi Hara says:

    Nanking Masscar were done by chinese army themselves. Why number of victims are still increasing because it was propoganda of comunist china.


  3. takashi.m. says:

    カナダ・オンタリオ州管轄の在トロント日本国総領事館(中山総領事)
    連絡先(Eメール)等:
    http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consulate.html


  4. 匿名 says:

    チャンネル桜の別動画
    「【Front Japan 桜】北朝鮮をめぐる中米露の動き / 韓国大統領選挙の行方と町の様子 / 昭和の日をお祝いする集い[桜H29/5/2]」
    https://www.youtube.com/watch?v=ay0m6PN_gmw

    こちらの動画後半(41分から)で宮崎さんが韓国について述べられるところがありますが、韓国に取り込まれたのではないかと思うような発言がいくつもあります。
    「韓国は今や文明国だね」
    慰安婦像を「このお嬢さん」と呼んだり
    「大使館の裏通りの目立たないところにある」と慰安婦像設置を矮小化するような発言
    コメント欄にもそのことを危惧するコメントを寄せている方が何人かいらっしゃいます。
    なでしこアクションもチャンネル桜に出演しておられますので今後注意してもらいたいです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>