Daily Archives: October 7, 2020

韓国保守団体による「慰安婦法」廃止国民運動 始動!

慰安婦被害者法廃止のために立ち上がった韓国の保守団体「慰安婦法廃止国民運動」、青瓦台(大統領府)前での第一回会見(2020年10月5日)の動画をご紹介します。

代表の言葉から

『大国民欺瞞です、これは。これは全て嘘です。
必ず明らかにしなければならないです。
そうなることで韓国がまともになるのです。』

是非ご覧ください。

2020.10.5 韓国 青瓦台(大統領府)前 抗議デモ
韓国保守団体「慰安婦法廃止国民運動」第一回記者会見
反反日、嘘と捏造を明らかに

*********************************************************
以下、日本語字幕から書き起こし。(一部読みやすく修正)

◆「慰安婦法廃止国民運動」声明

1.慰安婦問題は国内では国論を分けた以外に日韓外交を破綻させ、国際的には国家の信頼を落とす争点となっています。

2.現在、慰安婦問題は日帝の強制動員、日本軍性奴隷、戦争犯罪被害者という歪曲された認識で、国内外的に大きな問題を起こしている状況です。

3.国内慰安婦関連保護と支援、記念事業行政支援等、すべての問題は慰安婦被害者法を根拠に進められており、この慰安婦被害者法は1996年クマラスワミ国連人権委報告書を根拠として制定されました。

4.慰安婦被害者法は慰安婦被害者の定義を「日帝により強制動員され性的虐待を受け、慰安婦としての生活を強要された被害者を示す」としています。これは、まったく事実とは違います。

5.クマラスワミ報告書も嘘と歪曲を元に作成された虚偽報告書であることを我々は明らかにします。

6.慰安婦法廃棄国民運動は、国内においては強制動員という虚偽事実を根拠に制定された慰安婦被害者法を廃止し、対外的には国連のクマラスワミ報告書を必ず撤回させることを主張します。

7.今日の第一回記者会見を初めとして、国民運動は慰安婦被害者法を廃止して、国連のクマラスワミ報告書を撤回するために毎週記者会見を開催し、コロナが落ち着いて集会ができる要件が整えば集会を開催し、我々の想いを持続的に貫徹する予定です。

◆「慰安婦法廃止国民運動」金柄憲(キム・ビョンホン)代表 発言

去る8月3日、未来統合党比例代表 チュンジュヘ委員は、現在第15条まである慰安婦被害者法に16条を新設するという一部改正案を代表発議した。

議員が発議した16条は「日本軍慰安婦強制動員について歪曲捏造又は虚偽事実を流布した人は、7年以下の懲役または7千万ウォン(およそ640万円)以下の罰金」という強力な罰則条項である。

日本軍慰安婦の強制動員について、いかなる批判も問題提議もできないように、口も開けないようにする為のものだ。

これに対し、私は同じ8月の22日、23日の両日、我が国司教科書研究所と直接または間接的に関係を結んでいる前・現職教授をはじめ知人たちの助けを得てこれを阻止しようと献身の力を絞った。

その後、24日午前に撤回の約束を受け取り、9月3日に公式に撤回を確認しました。

この慰安婦法撤回の時、お互いに約束しました。
撤回する代わりに少し大人しくして欲しいと。それで静かにしていました。

ところが、9月3日に撤回した後、9月7日また新しい法案が提出されました。それで私はとても腹が立ちました。

このチョン議員は根本的に慰安婦問題がなんだかわからない国会議員で、約束も守らない。

なぜか?それは向こうが先に約束を破ったからです。
それで、今後はチョン議員に慰安婦問題について法案を発議したり発言したりする度に問題を提議して強く阻止します。

はじめて記者会見をしましたが、この記者会見を皮切りに今後、慰安婦被害者法廃止のために我々は全力を投入します。

大国民欺瞞です、これは。
これは全て嘘です。
必ず明らかにしなければならないです。
そうなることで韓国がまともになるのです。

********************************************************

********************************************************

< ニュース >
夕刊フジ zakzak 2020.10.6
「慰安婦被害者法を廃棄せよ」韓国・保守系団体が「反日」にNO! 「慰安婦が性奴隷で、被害者だというのはウソだ。強制連行の証拠もない」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/201006/for2010060008-n1.html