【SF有志より】慰安婦碑寄贈決議 SF市長承認をうけて

サンフランシスコ有志一同より皆様へ

サンフランシスコ慰安婦碑寄贈決議 承認をうけて

本日(11/22現地)、サンフランシスコ慰安婦碑寄付決議案は、サンフランシスコ市長署名をもって承認となりました。

慰安婦像と碑文がサンフランシスコ(以下サ)市の公共物となりました。今後最低20年の維持費とともに受け入れられました。

通常、サ市長は承認をわざわざしなくても、肯定も否定もしない形で自動成立となるのですが、サ市長は署名をして承認をするという極めて強い肯定だったことをお伝えします。

また、この決議は、サ市長が拒否権を発動しなければ姉妹都市関係を解消すると、大阪市長がサ市長に申し入れていたにも関わらず、承認されたものです。

更に、安倍首相は、政府としてサ市長に拒否権の行使をするように申し入れたと国会答弁でおっしゃっていたことも付け加えさせていただきます。

私たち有志は、日本を含め多くの方々の善意と温かい励ましに支えられ、2015年夏に最初のサ市慰安婦碑設置決議案がでてから、慰安婦の日制定決議案、慰安婦教育決議案、慰安婦の碑寄付決議案、と手弁当でずっと戦ってまいりました。

しかし、すべての決議において、全会一致の可決という非常に悔しく悲しい結果となりました。

日本政府の要求は、サ市長にきっぱりと断られたという結果になりましたが、この責任は一体誰にあるのでしょうか。

また、この像のために、恐怖をいただいているサ市の日本人や日系人の親は、どうしたらよいのでしょうか。

碑設置派は、像と碑の設置に成功し、今度はこの像を子供のフィールドトリップの目的地にするといっています。学校では、教育課程の中に、慰安婦の歴史を入れ込みます。

学校で教え、像の前に連れてきて日本は悪だと洗脳するのです。

また、設置派は、日本の戦犯を祀っている靖国神社に安倍首相が毎年いくが、私たちにはこの慰安婦像、碑があるといっています。そして、ナチスドイツが謝ったように、日本もこの慰安婦問題を謝れといっています。

これまで、サ市の公聴会では、私たち有志は数多くの碑設置賛成者の前で勇気を奮い、地域の調和が大事だ、設置派がいっている慰安婦の歴史は嘘である、サ市の慰安婦問題は中国共産党のプロパガンダの道具であるということを、もう何度も何度も訴えてまいりました。

碑設置派は、市議たちや数多くの団体、事業主の応援のもと、可決を勝ち取り、SF中国総領事から祝福を受けていました。

それに引き換え、日本の政府と領事館は、私たちをサポートすることはありませんでした。

なぜなら、私たちは、河野談話をひきついだ主張をしてこなかったからです。真実をいってきたからです。

市議会では、碑設置派の主張する歴史は捏造であると主張してきたために、私たちは市議たちから、歴史否定者と何度もののしられました。碑設置派は、そんな市議たちに拍手で声援をおくりました。時には「恥を知れ」と4度いわれ、それに対して出した抗議文の返事がまた「恥を知れ」ということもありました。

私たちは、恥知らずなのでしょうか。私たちは、日本の恥なのでしょうか。

真実を言わずに、像や碑が取りやめになっても、慰安婦教育はつづくのです。

碑は一夜で壊せても、教育は人をつくりあげます。河野談話を受け継ぐ限り、慰安婦教育は続きます。

サ市の慰安婦像、碑は公共物となりましたが、これまで碑設置反対の署名をしてくださった方、サ市に抗議文を送ってくださった方、お祈りしてくださった方、様々な形で応援してくださった方々に対して、感謝と共に、像と碑の設置を許してしまったことをお詫び申し上げます。

それでも、もう一つお願いを聞いていただけませんでしょうか。これを広めていただきたいのです。

• 大阪市は、社会主義、全体主義に飲み込まれたサ市との姉妹関係を即座に解消してください。
• 河野談話を撤回し、新談話を直ちに発表してください。
• 日本人よ、日本政府よ、目覚めてください。只今、自分の国を自分でまもる態勢にはいってください。

重ね重ね、長きにわたって、サンフランシスコ慰安婦碑設置反対のご協力をどうもありがとうございました。

サンフランシスコ有志一同

**********************************************************************

2015年9月17日サンフランシスコ公聴会
Campos市議(当時)”Shame on you 恥を知れ ” 3分50秒~

SF inscription
<説明文 英語>
SFAC San Francisco Arts Commission

Steven Whyte
American b. England 1969

“Comfort Women” Column of Strength

“Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten.” ———- former “Comfort Women”

This monument bears witness to the suffering of hundreds of thousands of women and girls, euphemistically called “Comfort Women,” who were sexually enslaved by the Japanese Imperial Armed Forces in thirteen Asia-Pacific countries from 1931 to 1945. Most of these women died during their wartime captivity. This dark history was hidden for decades until the 1990s when the survivors courageously broke their silence.. They helped move the world to declare that sexual violence as a strategy of war is a crime against humanity for which governments must be held accountable.

This memorial is dedicated to the memory of these women, and to eradicating sexual violence and sex trafficking throughout the world.

Gift of the “Comfort Women” Justice Coalition
Collection of the City and County of San Francisco

SFCW2

***************************************************************
サンフランシスコ における 慰安婦問題
SF有志との活動 これまで(2015~2017)
なでしこアクションサイトから

<2015年>

7月
【緊急】7月21日サンフランシスコ議会で慰安婦記念碑 採択か?
http://nadesiko-action.org/?p=8510

8月
反対!8月15日サンフランシスコに抗日戦争記念館オープン
http://nadesiko-action.org/?p=8472

サンフランシスコ抗日記念館オープン
http://nadesiko-action.org/?p=8884

【参加応援お願い】9月17日SF市議会公聴会【署名お願い】サンフランシスコ慰安婦像反対!
http://nadesiko-action.org/?p=8577

9月
【報告】サンフランシスコ市委員会「慰安婦記念碑建立」公聴会9月17日
http://nadesiko-action.org/?p=8995

サンフランシスコ市議会連絡先一覧と英文メール例
http://nadesiko-action.org/?p=9043

GAHTサンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告(日・英文)
http://nadesiko-action.org/?p=9071

有志からのメッセージ/サンフランシスコ市議会「慰安婦記念碑設置」採択9月22日
http://nadesiko-action.org/?p=9082

<2016年>
1月
【在米の皆様へ】カルフォルニア教育委員会へ「教科書に慰安婦性奴隷反対」を届けましょう
http://nadesiko-action.org/?p=9597

【署名 / カルフォルニア州教育委員会 教科書改定案】公立学校で慰安婦問題を教えることに反対します
http://nadesiko-action.org/?p=9684

2月
San Jose Mercury News(2月8日付)争点-「慰安婦」をカリフォルニアの児童にどのように教えるか
http://nadesiko-action.org/?p=9723

LA Times(2月8日付)「慰安婦」カリフォルニアの教科書上でいかに歴史がつくられていくかという教訓
http://nadesiko-action.org/?p=9727

5月
カリフォルニア州教科書が危ない!620万人の生徒に「慰安婦=性奴隷」教育、全米に広がる可能性も
http://nadesiko-action.org/?p=10369

7月
サンフランシスコ慰安婦記念碑 候補地にセントメアリー・スクエア(公園)
http://nadesiko-action.org/?p=10443

<2017年>
1月
サンフランシスコ市承認 慰安婦碑文 「数十万女性・少女の性奴隷、監禁され殆どが死亡」
http://nadesiko-action.org/?p=11002

SF慰安婦碑設置 2月6日に決定?抗議のメールを送ってください!
http://nadesiko-action.org/?p=11062

2月
サンフランシスコ慰安婦像碑文を承認、年内設置へ
http://nadesiko-action.org/?p=11110

SF慰安婦像の彫刻家スティーブン・ホワイティ氏へ意見メッセージ
http://nadesiko-action.org/?p=11157

3月
サンフランシスコ情報と有志からのお願い
http://nadesiko-action.org/?p=11386

9月
「慰安婦の日 設定決議」SF議会に反対のメールを!
http://nadesiko-action.org/?p=12024

SF慰安婦像除幕式(9月22日)報道
http://nadesiko-action.org/?p=12090

11月
SF市 慰安婦団体から$398,000(約4千5百万円)寄付 委員会が承認
http://nadesiko-action.org/?p=12168

【SF有志からお願い】11月14日SF議会 慰安婦碑寄付決議の最終審議へ
http://nadesiko-action.org/?p=12211

【署名お願い】大阪市のSF姉妹都市解消を支持します
http://nadesiko-action.org/?p=12252

【SF有志より】慰安婦碑寄付決議 SF市長承認をうけて
http://nadesiko-action.org/?p=12283

14 thoughts on “【SF有志より】慰安婦碑寄贈決議 SF市長承認をうけて

  1. flea says:

    姉妹都市解消には懸念を感じてしましたが、設置までの経緯や有志の方のご報告を受け解消も止む無しと思いました。吉村市長は悩まれたと思いますが、よく決断されたと思います。
    今回は大変残念な結果になりましたが、現地の方々お疲れ様でした。


  2. TM says:

    そもそも米国のサンフランシスコ市という地方都市が、米国が当事者でもない他国間の問題に介入することこそが不当な内政干渉でしょう。
    SF市議会や市長には「恥を知れ」と言いたいですが、民度の低い中韓などのアジア系移民が約2割?にもなっているとのこと、確信犯に何を言っても無駄かもしれませんね。
    SF市全体が中共チャイナタウン化しているのであれば、歪められた歴史を糺そうとしても、なかなか難しいでしょう。
    肝心の安倍政権も、いまだに河野・村山談話を承継している、口先だけ勇ましい腰抜け総理を戴く内閣ですし。


  3. TW says:

    侮辱した市議の動画と名前の掲載ありがとうございました。
    日本で一般に思われているように、支那、朝鮮系だけが売春婦像設置運動をしているのではなく(主導は支那、朝鮮系ですが)、それに呼応する勢力がアメリカ国内にあるということがよくわかりました。その勢力にとっては、真実はどうでもよく、自分たちの主義、思想が唯一の判断基準のように思われます。それは明らかに政治的なものです。
    今後、皆さんの草の根運動だけでなく、政治家、官僚が動いていくことが必要だと、あらためて認識できました。


  4. 0906735 says:

    このDavid Camposについての最近のエピソードがあります。2014年に中国系のDavid Chiuに数百票差の負けでSF管理委員会のプレジデントの座を譲ることになりました。今になってこんなことを発しています。「私はアンチ移民でもアンチ中国人でもないが」と言い訳をして、Chiuが英語を喋れない中国移民の代わりに選挙用紙に投票する中国人を選挙地にバスで運ぶ費用を選挙資金から出したことを認め、二か国語の選挙用紙はなく、英語を話せない人を支援する必要がある」と言ったのに対して、「今までに見た最悪の光景のプロセスを操作だ」と付け加えました。今現在、David Camposはサンタクララ群でサンフランシスコの管理委員より二倍の給与をもらって仕事をしているそうですが、この時は中国人に媚びてたのでしょうね。立憲民進党議員を連想してしまいます。お前がShame on You!ですね。


Leave a Reply to TM Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>